So-net無料ブログ作成
検索選択

居間に置いたライフルが暴発して2歳の子供が死亡 [時事寸評]

するといし事件が9日、東京で。

暴発したというのだが、

ぼうはつ【暴発】
不注意などのため、銃砲の弾丸が誤って発射されること。

5歳の子供なら、 銃の引き金をひけば弾が出ることは知っている。 もし言うことを聞かなかったのなら、 不注意というより、引き金を引こうとして触った可能性が高いと思う。 特に注目したいのは、

ライフルをテーブルに置いたまま席を離れた。

引き金付近を触らないように注意したが、その直後に弾が発射された。

( http://sankei.jp.msn.com/affairs/crime/071210/crm0712101208011-n1.htm )

この2点か。 まず、銃を置いたまま席を離れるというのがおかしい。 そもそも、子供が近づけるような所で銃を出すのがおかしいのだが、 今回は5歳の子供が触っているので注意しようとした、 と報道されている。 文字通りに解釈すれば、 実際に注意したのかどうかは分からない訳だが、 もし触っているのが2歳の子供の方だったら、 注意しても理解できないだろう。 どうしたのだろうか。

注意の仕方もよくない。 引き金付近を触るなという注意がどのような言葉なのか報道には書いてないのだが、 引き金ではなく「銃に触るな」と注意するのが普通である。 引き金だろうがそれ以外の所だろうが、 銃に触らせてはいけないのである。

もちろん、このような場合は「引き金を触るな」などと悠長に注意している状況ではない。 大声で「ゴラァ」と威嚇して手放させるべきである。 あるいは「触るな」でいい。 もしびっくりして引き金を引いてしまうかもしれないというのなら、 黙って近付いて奪い取るべきである。 仮に弾が入っていなくてもだ。

もちろん、 弾が入っているというのが根本的におかしい。 ライフルは詳しくないので知らないのだが、 仮に弾が入っていたとしても、 安全装置とかないのか? 最近は、薬のビンでさえ子供が勝手に開けないような工夫がされているが、 銃という最も凶暴な武器にそのような安全装置がないというのは不自然だと思う。 あるいは、手入れのために安全装置を解除した状態だったのか。

父親は弾が入っているとは思わなかったと主張しているらしいが、 弾が入っているかどうか分からないというのもおかしい。 他の人が弾を入れたのならともかく、 自分で弾を入れたのであれば、 銃を撃つ人の心得として、 今撃てる状態なのかどうか、 あるいは、あと何発撃てるのか、 常に分かっていてもよさそうなものだが。


nice!(0)  コメント(5)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 5

配管屋

初めての書き込みですが、射撃を趣味にしている者の一人として

>注意の仕方もよくない。引き金付近を触るなという注意がどのような言葉なのか報道には書いてないのだが、引き金ではなく「銃に触るな」と注意するのが普通である。

射撃をやってる者としては判るのですが、弾は入っていないが
銃は弾丸が装填されている物として扱うのが基本のひとつで
引き金に触るのは発射動作ですから、標的、あるいは獲物等に
向けた状態以外は触れるものでは無いと子供に伝えたのではと思います。

>銃という最も凶暴な武器にそのような安全装置がないというのは不自然だと思う。
骨董品の類の銃以外は安全装置は付いてますが、基本的に安全装置
は気休め程度に考えて、必要な時に絶えず装填と抜弾を繰り返す
のが一般的だと言って良いと思います。

今回の事故も含めて誤射事故"引き金を引いたのですから暴発では無い"
は弾が入って無かったとの勘違いからがほとんどで、抜弾を怠った父親の
勘違いから起きた悲劇と思っています、死亡した弟さんはもちろんですが
弟を死に追いやった5歳の兄に一生付いて回る傷を残した父親のミスは
何とも残念に思います。

長文で恐れ入ります。
by 配管屋 (2007-12-15 20:39) 

Phinloda

コメントありがとうございます。非常にもっともなご意見だと思います。銃という物の持つ性質ゆえかもしれませんが、フェイルセーフが徹底していますね。基本的に弾は入れないでおくが、入っているものと想定して扱う訳ですね。

フェイルセーフと書いて今気付いたのですが、私はプログラミングやユーザーインタフェース専門なのでそちらの「安全」を踏まえて考えると、もう一つフールプルーフという重要な要素があります。弾が入っていたら置けないようにするとか、置いたら大きな警告音が出るとか。何時間か放置したら自動的に撃てなくなるとか。

また、今回に限らず、銃の事故に関しての問題点として、銃に弾が入っているかどうか、外から一瞬見ただけでも分かるようになっていれば「入ってない」という勘違いは減ると思います。手入れのために置いて他の部屋に行ったということは、パッと見ても分からなかった訳ですよね、今回の銃は。
by Phinloda (2007-12-15 21:59) 

pa

小説では、精密射撃用ライフルによっては2つ引き金がついており、片方を引いた状態でもう片方を引くと発射される(ので、2つ目の引き金は弱い力で作動させることができ、引き金を引くときに照準がズレにくくなる)とありました。プレス機や電動チェーンソーでも、両手で2つのスイッチを操作しないと動かないような安全装置がありますが、これを子供が使いにくいようにする目的で使用する(極端に言えば子供の手の長さでは2つのスイッチに届かないようにする)ような方向性も考えられると思いました。
by pa (2007-12-18 03:56) 

配管屋

>Phinlodaさん、フールプルーフ性は軍用銃では必須といって良いと思いますが
狩猟銃でも特に変わりが無いと思いますが、銃は照準機以外は完全な機械仕掛け
ですので色々な安全装置は難しいと思います。
それと日本でもヒグマのような猛獣も存在しますし、何かの条件で意に反して
発射出来ないのはどうかと思いますし、特に猟師からは受け入れられないと
思います。
基本的に100年ほど前から銃はほとんど完成されて変わってませんので。

>paさん、2ステージトリガーの事かと思いますが初め軽くて発射の直前
に軽く引っかかるように重くなる奴かと思いますが。

過去に色々試行錯誤があって今の形になっているので改良の余地は
少ないかと思います。

アメリカでは安全装置のところに簡単な鍵が掛かる様になっている
とか聞いてますが、メーカーの裁判での責任逃れのようにしか
思えません。。。σ(^^)

一度ブラウザー閉じらココが判らなくなっちゃいました。。。
暴発事故で検索しても山のようにヒットするのですが。。。(^^;
また長くなりました。。。
by 配管屋 (2007-12-22 20:48) 

pa

「two trigger rifle」というやつで、物理的に2つトリガーがあります。リア・トリガーを引いた状態で、フロントトリガーを引くと発射されるそうです。

http://www.cabelas.com/gun-inventory---buda---antique---594411-wesson2t44-bud.shtml
by pa (2007-12-27 04:22) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る