So-net無料ブログ作成
検索選択

映画「靖国」が多数映画館で上映中止になった件について監督が理解しにくい [時事寸評]

と記者会見で述べたそうだ。 10日。

割と理解しやすいと思うのだが、 まあそれはおいといて、監督談。

日本の国際的なイメージにも影響を与えてしまうのではないか

いや大丈夫、それはない。 今世界はチベット問題で大騒ぎで、 それどころじゃないから。 聖火リレー見ていればそれ位は分かる。

ところで、 作品の中心人物になっている刀匠が映像の使用を承諾していない、 という話は知りませんでした。 そりゃ上映中止云々の前に、作り方がいけないのではないか。 いくらフィクションだからといって、 モデルとなる人物がいるのなら、礼儀というものがあるはずだ。

http://www.so-net.ne.jp/news/cgi-bin/article.cgi?gid=mai&aid=20080410-570-OYT1T00676


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 2

<セルダン>

理解できないと言えば、国(文化庁)から金もらって作っておいて、国民の代表である国会議員が、行政の支出が適正かどうかを検査しようとすると「検閲だ」とか「言論の自由の侵害だ」と騒ぐ方が理解できないですね。
中国と違って、自腹でやれば国も文句付けられないのに・・・

それはさておき、

・非暴力で自治権拡大を求める(ダライ・ラマ)
→ダライ・ラマの意に反して暴力に訴える者が現れる
→ダライ・ラマの陰謀だ

・国の支出として適切ではないのでは?という意見が出る(国会議員)
→街宣右翼が騒いで上映中止
→国会議員による検閲、言論抑圧だ

何か、パータンが似ています。
もっとも

・変な書き込みに突っ込みを入れる
→同調する意見続出
→みんなでオレを嵌めようとしているor全部同一人物の自作自演だと主張

というのにも似てるような気がしないでもないですが(^^;
by <セルダン> (2008-04-11 18:44) 

耕士

こんにちは。裏の裏のページで一度コメントさせていただいた者です。

監督の記者会見を見たところ、リンク先の記事は監督が言ったことの一部だけを取り出して文脈を変えているように思います。
また、作品の中心人物が映像の使用を承諾していないという件も3月末頃に国会議員がその人物に直接働きかけていたようですし。
記者会見の様子は
http://www.ourplanet-tv.org/whats/2008/20080409_12.html
で公開されてますので、御参考まで。
by 耕士 (2008-04-11 22:08) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
メッセージを送る